ふぐの片山
 
はえなわ漁発祥の地、山口県周南市よりとらふぐ全国宅配
片山のトラフグ


片山のトラフグ

代表の片山幸彦です 片山ではふぐの本場 山口県の「はえ縄漁」発祥の地、周南市(旧徳山市)の粭島(すくもじま)近海で育てた新鮮なふぐのみを取り扱っております。主なお取引先は大手デパートや一流料亭です。
 この道一筋40余年の実績と信頼により安定した供給が可能です。
加工から販売まで全て自社で行うムダのないシステムだから実現できた、驚きのボリュームと価格、そして繊細な味わいは必ずやご満足いただけるものと信じております。
ふぐ専門店ならではの職人のこだわりの味をご家庭でお気軽にご堪能ください。



周南市とふぐ 

ふぐといえば「とらふぐ」が有名ですね 周南市沖から大分県の姫島沖にかけての瀬戸内海の海底には岩が多く、さらに潮の交流が激しいために、海草や稚魚などが豊富で、それをえさにするふぐの生息に適した海域です。そのため古くからふぐ漁が行われ、その多くは関西方面に輸送されていました。
 ふぐは鋭い歯をもっており、この歯で縄を噛み切ってしまうため、ふぐを捕獲する漁法の歴史は試行錯誤の歴史でもありました。
 ふぐを捕獲する方法にはいろいろありますが、一般的なのが「はえ縄漁法」です。この方法が最もふぐを傷めることなく、新鮮なものを市場に提供できます。
 現在のはえ縄漁法では鋼線が使われていますが、それは周南市の粭島(すくもじま)でつくり上げられたものです。
 このはえ縄漁の確立に大きく貢献したのが、高松伊予作さんという漁師。明治30年代に考案し、その功績により、大正11年の平和記念東京博覧会で褒賞を授かりました。
山口県周南市商工観光課 発刊のパンフレット 「周南のふぐ」より抜粋



粭島(すくもじま)

 粭島は徳山駅より海上約8km、陸路では約16kmの大島半島の突端に接するところにある、周囲およそ2kmの小さな島です。現在は、大島半島上地区と小瀬戸橋で結ばれています。
 もともと魚浦として発展してきた島で、島の北側に漁家が道なりに並んでいます。捕獲される魚は、場所がら、ふぐ、さわら、ちぬなどの高級魚の一本釣りや、はえ縄漁を中心に推移してきました。また、島全体が釣り場で、一年中釣客が訪れています。
 粭島は元来、糘島と書いていました.その字が示すように米の家、すなわちスクモ(もみがら)が海上に伏せて浮かんでいるように、形の整ったかわいい島です。
 国立公園「太華山」に相対し、ふぐと「海を渡るみこし」で有名な貴船神社の夏祭りが行われる島です。
すくもじま
ふく漁発祥の地の石碑
山口県周南市商工観光課 発刊のパンフレット 「周南のふぐ」より抜粋



ふぐのモニュメント

ふぐのモニュメント ふぐとのかかわりが深い山口県では、平成元年に県魚に指定されています。
 そして、先賢の徳を尊び、後継の志を称えるために、ふぐ漁の発祥の地、粭島にこのモニュメントが建立されました。
 大島半島から小瀬戸橋を渡ったところに、石柱の台座の上に乗ったユニークなふぐが、来島されるみなさんを出迎えます。
山口県周南市商工観光課 発刊のパンフレット 「周南のふぐ」より抜粋



[ トップページ ]

株式会社片山
〒745-0051 山口県周南市沖見町1丁目24番地  アクセス
TEL:0834-21-3035 FAX:0834-21-3042